MONTBLANC モンブラン特別限定品作家シリーズ2016 ウィリアム・シェイクスピア

筆記文化の担い手を自負するモンブランにとって、言葉の力を駆使して人類の思想に多大な影響を与えた偉大な作家に敬意をあらわすことは当然の文化的責務です。1992年から毎年、ひとりの作家の功績を讃えたハンドクラフト仕上げの筆記具「作家シリーズ(Writers Edition)」を発表しています。26作目を数える2016年の新作は、没後400年を記念して、エリザベス朝イングランドの劇作家にして詩人、そして俳優として活躍したウィリアム・シェイクスピアの功績をたたえるコレクションです。「ロミオとジュリエット」「ハムレット」「マクベス」など不朽の名作で知られ、文学の天才、言葉の魔術師と称されたシェイクスピアは、150以上のソネットと37の戯曲を残しました。その珠玉の表現方法や言葉の輝きは、今日の英語に多大な影響を与えています。 シェイクスピアの多才で豊穣な偉業は、厳選されたマテリアルや研ぎ澄まされた熟練のクラフツマンシップによって、特別限定品筆記具として凝縮されています。個性あふれる八角形のプレシャスレジンのキャップは、有名なグローブ座を象ったものです。レジンの表面のつややかさを損なうことなく、卓越した職人の妙技は、鋭く鮮やかなエッジを切り出しています。白と黒でシックに仕上がった万年筆、ローラーボール、ボールペン、メカニカルペンシルがラインナップ(メカニカルペンシルはセット販売のみで個別販売はございません)される通常のエディションに加え、漆黒と深紅とロイヤルブルーをまとった限定1597本の重厚なエディションも登場。どちらもシェイクピアの生きた時代、その名作の世界、そして聖地・グローブ座を表すエレメントで埋め尽くされた会心の作となりました。  万年筆(写真下/ペン先はF,M) 115,000 / ローラーボール(写真下から2番目) 95,000 ボールペン(写真 下から3番目)90,000 セット 【万年筆、ボールペン、メカニカルペンシル(写真上から1番目)】 295,000 セット【万年筆、ローラーボール、メカニカルペンシル】 305,000円 ※価格は税別本体価格  グローブ座の上には、上演中の戯曲のジャンルによって色の違う旗が揚げられていました。コメディ上演中には白、悲劇の上演中には黒の旗…。この筆記具の黒と白のレジンのカラースキームは、往時のグローブ座のにぎわいを彷彿とさせます。また、ボディに刻まれた羽根を思わせるパターンは、シェイクスピアが数々の名作を書き留めた鵞ペンを表現しており、クリップの先の金色のリングはシャンドス描く肖像画で着用していたイヤリングを再現しています。また、重厚な悲劇から軽やかなコメディにいたるまで、綺羅星のように多様なシェイクスピアの作品の中から7つの代表作が、ボディを取り巻くエンボス加工のゴールド仕上げのリングに象徴的にデザインされています。「ロミオとジュリエット」は薔薇と短剣立て、「ハムレット」は髑髏、「リア王」は2つのチェスの駒、「ヘンリー5世」は兜、「マクベス」は王冠、「テンペスト」は渦巻く雲、そして「ジュリアス・シーザー」はCの字を象った月桂冠でシンボライズされています。 丸い地球を表現したシェイクスピアの画期的な円形劇場はすべての観客を芝居の世界へと引き込みました。八角形のキャップのトップは、グローブ座のリング状の屋根を思わせる形に仕上がっています。オープンエアとなっていた劇場の中央にあたる部分には、モンブランのブランドシンボルマークが冠せられています。また、万年筆のAU750ゴールドのペン先には、シェイクスピアが愛情をこめて「Wooden O(木造円形劇場)」と呼んだグローブ座の姿がエングレーヴィングされ、観衆を様々な夢の世界に誘った神聖な空間に敬意を捧げています。    作家シリーズ「ウィリアム・シェイクスピアリミテッドエディション1597」は、シェイクスピアの最も有名な戯曲「ロミオとジュリエットの悲劇」が出版された年にちなんだ限定数(世界限定1597点)となっており、そのペン先に刻まれているのは、あの有名なバルコニーのシーンです。マルチカラーのボディは、プレシャスラッカー仕上げの鵞ペンを思わせるギョーシェ模様で華やかに彩られ、漆黒のラッカー仕上げのキャップとのコントラストが重厚感を醸し出します。この深紅と黒のカラースキームは、グローブ座の上空に掲揚され、その色によって上演中の戯曲のジャンルを観衆に知らせたという旗をモチーフにしたものです。赤の旗は歴史劇、黒の旗は悲劇を上演中であることを知らせました。「ロミオとジュリエット」は薔薇と短剣立て、「ハムレット」は髑髏、「リア王」は2つのチェスの駒、「ヘンリー5世」は兜、「マクベス」は王冠、「テンペスト」は渦巻く雲、そしてCの字を象った月桂冠は「ジュリアス・シーザー」…。シェイクスピアの7つの代表作を象徴するモチーフがエンボスされたゴールド仕上げのリングは、キャップとボディの2か所に配されています。リミテッドエディション1597は、エリザベス1世女王の長きにわたる庇護のもとで数多くの戯曲を執筆した時代であるチューダー朝のデザインエレメントで装飾されています。前部にはエリザベスのモチーフがぐるりと刻印されており、尻軸の底部にはヴァージンクイーンが愛したチューダーローズの紋章が目を引きます。尻軸上部のブルーのラッカーは、当時の王族、貴族、政治家だけが身に着けたブルーをロイヤルブルーを再現したもので、教会の不可侵な神聖さ、権力、要人、そして富を象徴していました。八角形のキャップはロンドンのテームズ河畔に建てられたグローブ座の形状を表現しており、プレシャスラッカー地から浮かび上がるようにセットされたゴールド仕上げの細工は、グローブ座のステージを取り巻くバルコニー席を思い起こさせます。 モンブラン作家シリーズは、モンブランのほかの特別限定品と同様、限定数を厳重に守り、また、生産が終了すると同時にその仕様書や型を破棄し、再生産はけして行わず、コレクターズアイテムとしての価値を世界に約束しています。  筆記文化の担い手を自負するモンブランにとって、言葉の力を駆使して人類の思想に多大な影響を与えた偉大な作家に敬意をあらわすことは当然の文化的責務です。1992年から毎年、ひとりの作家の功績を讃えたハンドクラフト仕上げの筆記具「作家シリーズ(Writers Edition)」を発表しています。26作目を数える2016年の新作は、没後400年を記念して、エリザベス朝イングランドの劇作家にして詩人、そして俳優として活躍したウィリアム・シェイクスピアの功績をたたえるコレクションです。「ロミオとジュリエット」「ハムレット」「マクベス」など不朽の名作で知られ、文学の天才、言葉の魔術師と称されたシェイクスピアは、150以上のソネットと37の戯曲を残しました。その珠玉の表現方法や言葉の輝きは、今日の英語に多大な影響を与えています。 シェイクスピアの多才で豊穣な偉業は、厳選されたマテリアルや研ぎ澄まされた熟練のクラフツマンシップによって、特別限定品筆記具として凝縮されています。個性あふれる八角形のプレシャスレジンのキャップは、有名なグローブ座を象ったものです。レジンの表面のつややかさを損なうことなく、卓越した職人の妙技は、鋭く鮮やかなエッジを切り出しています。白と黒でシックに仕上がった万年筆、ローラーボール、ボールペン、メカニカルペンシルがラインナップ(メカニカルペンシルはセット販売のみで個別販売はございません)される通常のエディションに加え、漆黒と深紅とロイヤルブルーをまとった限定1597本の重厚なエディションも登場。どちらもシェイクピアの生きた時代、その名作の世界、そして聖地・グローブ座を表すエレメントで埋め尽くされた会心の作となりました。  万年筆(写真下/ペン先はF,M) 115,000 / ローラーボール(写真下から2番目) 95,000 ボールペン(写真 下から3番目)90,000 セット 【万年筆、ボールペン、メカニカルペンシル(写真上から1番目)】 295,000 セット【万年筆、ローラーボール、メカニカルペンシル】 305,000円 ※価格は税別本体価格  グローブ座の上には、上演中の戯曲のジャンルによって色の違う旗が揚げられていました。コメディ上演中には白、悲劇の上演中には黒の旗…。この筆記具の黒と白のレジンのカラースキームは、往時のグローブ座のにぎわいを彷彿とさせます。また、ボディに刻まれた羽根を思わせるパターンは、シェイクスピアが数々の名作を書き留めた鵞ペンを表現しており、クリップの先の金色のリングはシャンドス描く肖像画で着用していたイヤリングを再現しています。また、重厚な悲劇から軽やかなコメディにいたるまで、綺羅星のように多様なシェイクスピアの作品の中から7つの代表作が、ボディを取り巻くエンボス加工のゴールド仕上げのリングに象徴的にデザインされています。「ロミオとジュリエット」は薔薇と短剣立て、「ハムレット」は髑髏、「リア王」は2つのチェスの駒、「ヘンリー5世」は兜、「マクベス」は王冠、「テンペスト」は渦巻く雲、そして「ジュリアス・シーザー」はCの字を象った月桂冠でシンボライズされています。 丸い地球を表現したシェイクスピアの画期的な円形劇場はすべての観客を芝居の世界へと引き込みました。八角形のキャップのトップは、グローブ座のリング状の屋根を思わせる形に仕上がっています。オープンエアとなっていた劇場の中央にあたる部分には、モンブランのブランドシンボルマークが冠せられています。また、万年筆のAU750ゴールドのペン先には、シェイクスピアが愛情をこめて「Wooden O(木造円形劇場)」と呼んだグローブ座の姿がエングレーヴィングされ、観衆を様々な夢の世界に誘った神聖な空間に敬意を捧げています。    作家シリーズ「ウィリアム・シェイクスピアリミテッドエディション1597」は、シェイクスピアの最も有名な戯曲「ロミオとジュリエットの悲劇」が出版された年にちなんだ限定数(世界限定1597点)となっており、そのペン先に刻まれているのは、あの有名なバルコニーのシーンです。マルチカラーのボディは、プレシャスラッカー仕上げの鵞ペンを思わせるギョーシェ模様で華やかに彩られ、漆黒のラッカー仕上げのキャップとのコントラストが重厚感を醸し出します。この深紅と黒のカラースキームは、グローブ座の上空に掲揚され、その色によって上演中の戯曲のジャンルを観衆に知らせたという旗をモチーフにしたものです。赤の旗は歴史劇、黒の旗は悲劇を上演中であることを知らせました。「ロミオとジュリエット」は薔薇と短剣立て、「ハムレット」は髑髏、「リア王」は2つのチェスの駒、「ヘンリー5世」は兜、「マクベス」は王冠、「テンペスト」は渦巻く雲、そしてCの字を象った月桂冠は「ジュリアス・シーザー」…。シェイクスピアの7つの代表作を象徴するモチーフがエンボスされたゴールド仕上げのリングは、キャップとボディの2か所に配されています。リミテッドエディション1597は、エリザベス1世女王の長きにわたる庇護のもとで数多くの戯曲を執筆した時代であるチューダー朝のデザインエレメントで装飾されています。前部にはエリザベスのモチーフがぐるりと刻印されており、尻軸の底部にはヴァージンクイーンが愛したチューダーローズの紋章が目を引きます。尻軸上部のブルーのラッカーは、当時の王族、貴族、政治家だけが身に着けたブルーをロイヤルブルーを再現したもので、教会の不可侵な神聖さ、権力、要人、そして富を象徴していました。八角形のキャップはロンドンのテームズ河畔に建てられたグローブ座の形状を表現しており、プレシャスラッカー地から浮かび上がるようにセットされたゴールド仕上げの細工は、グローブ座のステージを取り巻くバルコニー席を思い起こさせます。 モンブラン作家シリーズは、モンブランのほかの特別限定品と同様、限定数を厳重に守り、また、生産が終了すると同時にその仕様書や型を破棄し、再生産はけして行わず、コレクターズアイテムとしての価値を世界に約束しています。