富士通(fujitsu) ETGAスウィングレッスン

  富士通株式会社は、携帯電話を身につけた人の身体の立体的な動きを正確に測定できる「センシング技術」を、株式会社センシング・コントロール・ラボ代表取締役社長である渡邊嘉二郎氏(法政大学教授)と共同で開発、同技術を活用したサービスの第1弾として、プロゴルファー江連忠氏監修の下、携帯電話でゴルフスウィングのチェックが可能となるアプリ「ETGAスウィングレッスン」を発表した。   「ETGAスウィングレッスン」は、携帯電話内蔵の各種センサーから得られる身体運動データを元に、「3Dモーションセンシングエンジン」でスウィングフォームの軌道分析を行い、江連プロの理論に基づいた評価とアドバイスが受けられたり、自己の過去のベストスウィングと比較ができたりする、本格的なゴルスウィング診断アプリ。ケータイをキャリングケースに入れて腰に装着するだけで、ケータイがスウィング中のスウィング状態を自動判定し測定が行われ、16個のチェックポイントに対して評価が行われる。クラブもドライバー・アイアン・ショートアイアンの3種類から選択可能で、測定データをグラフ表示し、傾向や上達度の確認もできる仕様だ。   さらに、ネットワークサービスとの連携も可能であり、今後、株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインとさまざまな連携サービスの展開も計画されている。   なお、同アプリの搭載機種はまだ公開されていないが、2009年10月6日(火)より、幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2009」の富士通ブースにて、実際に体験できるコーナーが出展予定。   富士通株式会社は、携帯電話を身につけた人の身体の立体的な動きを正確に測定できる「センシング技術」を、株式会社センシング・コントロール・ラボ代表取締役社長である渡邊嘉二郎氏(法政大学教授)と共同で開発、同技術を活用したサービスの第1弾として、プロゴルファー江連忠氏監修の下、携帯電話でゴルフスウィングのチェックが可能となるアプリ「ETGAスウィングレッスン」を発表した。   「ETGAスウィングレッスン」は、携帯電話内蔵の各種センサーから得られる身体運動データを元に、「3Dモーションセンシングエンジン」でスウィングフォームの軌道分析を行い、江連プロの理論に基づいた評価とアドバイスが受けられたり、自己の過去のベストスウィングと比較ができたりする、本格的なゴルスウィング診断アプリ。ケータイをキャリングケースに入れて腰に装着するだけで、ケータイがスウィング中のスウィング状態を自動判定し測定が行われ、16個のチェックポイントに対して評価が行われる。クラブもドライバー・アイアン・ショートアイアンの3種類から選択可能で、測定データをグラフ表示し、傾向や上達度の確認もできる仕様だ。   さらに、ネットワークサービスとの連携も可能であり、今後、株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインとさまざまな連携サービスの展開も計画されている。   なお、同アプリの搭載機種はまだ公開されていないが、2009年10月6日(火)より、幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2009」の富士通ブースにて、実際に体験できるコーナーが出展予定。