【富士通】docomo PRIME series「F-09A」

  富士通株式会社は、大画面タッチパネルのスライドケータイと、富士通ならではのヨコモーション®を融合させた、NTTドコモ2009年夏モデルdocomo PRIME series「F-09A」を、2009年6月10日(水)より発売した。  「F-09A」は、操作性に優れた約3.4インチの大画面タッチパネルに、8.1メガ高性能カメラや、ケータイの動きを感知するモーションセンサーなども搭載した、“使いたい機能を、使いやすいカタチで操れる”ハイスペックのケータイである。  直感的な操作が可能なタッチパネルは、大きなボタン表示の「待ち受けランチャー」を備え、よく使う機能やサービスをあらかじめ待受画面に設定し、タッチひとつで起動ができる。また、撮影状況を自動で認識する「自動シーン認識機能」や、笑顔を検知しシャッターを切る「スマイルファインダー」のほか、手ぶれ補正機能などを採用した、8.1メガ高性能カメラにより、これまで以上に美しい撮影が可能となった。  さらに、目的地をサーチするだけで、すぐに方向と距離を教えてくれる、優れたナビゲーション機能「ロケーションレーダー」や、歩く・走るなど動きの違いで、消費量を測定する「エクササイズカウンター」も装備。ボディカラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色展開となっている。サイズ:約114×51×18.5mm(最厚部:18.6mm) 重さ:約138g(電池パック装着時) 連続待受時間: FOMA/3:静止時(自動):約630時間/移動時(自動):約350時間・(3G固定):約400時間 2G:静止時(自動):約320時間 連続通話時間: FOMA/3G:音声通話:約240分/テレビ電話:約120分 GSM:約210分 ディスプレイ:約3.4インチ TFT液晶、フルワイドVGA(480×960ドット)1,677万色 カメラ:(外側)有効約810万画素CMOS/(内側)有効約32万画素CMOS ワンセグ視聴時間:約300分(Ecoモード約330分) 充電時間: FOMA ACアダプタ 約150分   富士通株式会社は、大画面タッチパネルのスライドケータイと、富士通ならではのヨコモーション®を融合させた、NTTドコモ2009年夏モデルdocomo PRIME series「F-09A」を、2009年6月10日(水)より発売した。  「F-09A」は、操作性に優れた約3.4インチの大画面タッチパネルに、8.1メガ高性能カメラや、ケータイの動きを感知するモーションセンサーなども搭載した、“使いたい機能を、使いやすいカタチで操れる”ハイスペックのケータイである。  直感的な操作が可能なタッチパネルは、大きなボタン表示の「待ち受けランチャー」を備え、よく使う機能やサービスをあらかじめ待受画面に設定し、タッチひとつで起動ができる。また、撮影状況を自動で認識する「自動シーン認識機能」や、笑顔を検知しシャッターを切る「スマイルファインダー」のほか、手ぶれ補正機能などを採用した、8.1メガ高性能カメラにより、これまで以上に美しい撮影が可能となった。  さらに、目的地をサーチするだけで、すぐに方向と距離を教えてくれる、優れたナビゲーション機能「ロケーションレーダー」や、歩く・走るなど動きの違いで、消費量を測定する「エクササイズカウンター」も装備。ボディカラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色展開となっている。サイズ:約114×51×18.5mm(最厚部:18.6mm) 重さ:約138g(電池パック装着時) 連続待受時間: FOMA/3:静止時(自動):約630時間/移動時(自動):約350時間・(3G固定):約400時間 2G:静止時(自動):約320時間 連続通話時間: FOMA/3G:音声通話:約240分/テレビ電話:約120分 GSM:約210分 ディスプレイ:約3.4インチ TFT液晶、フルワイドVGA(480×960ドット)1,677万色 カメラ:(外側)有効約810万画素CMOS/(内側)有効約32万画素CMOS ワンセグ視聴時間:約300分(Ecoモード約330分) 充電時間: FOMA ACアダプタ 約150分