インテルの知能腕時計Titaniumは正式に出します

インテルの知能腕時計Titaniumは正式に出します
要旨:インテルを言い出して、人々がこの社の本部に対して米国カリフォルニア州の会社の第1印象に位置するのはその所属のCoreのプロセッサーです。しかし、全世界の最大のパソコンの部品とCPUメーカーとして、そしてインテルはインターネット、コンピュータの領域の業績に満足するだけではありません。去年3月5日、インテルは知能腕時計Basis Health Tracker WatchのメーカーBasisScienceを買い付けて、そしてその年9月にBasisでを服装設備の業務に開きを宣言する、同時に外部に1モデルがBasis Peakの知能腕時計といってそして、はその中が溶け込んだ前にBasis B1手首が製品のを持ってたくさん健康、フィットネスと睡眠が機能を監視測定するのに関連するのを公表しました。

約8ヶ月の時間の中で、インテル所属の第一モデルの知能腕時計Basis Peakは知能服装設備の市場の上でとても良い評価を獲得して、インテルはなくてこの腕時計を位置を測定して万能型知能腕時計になりますが、しかしそのスポーツが機能の提供する精確なデータと200ドルの(約人民元の1241元)の市場の売価を監視測定してそれに多くの消費者の認可を勝ち取らせました。

先日、Basisは正式は対外1モデルが制限するのをTitanium Peak知能腕時計出して、流行するチタン合金の時計の文字盤設計を採用して皮革の腕時計のバンド、その売価が普通な版高い上に100ドル(約人民元の620元)に比べて、とと一緒に少し経験しに来ます。

事実上、制限してTitanium Peakと普通なBasis Peakは多すぎる機能、技術の方面の相違がないをの比較して、前者の売価はなぜ高い100ドルを要するのか、それため使用者に更にすばらしいのは体験をつけます。

調査によると、Basis会社は新作Titaniumの上で手触りの更にすばらしい2級のチタンを使って、防ぎがあって防食機能をそります。でも、Titaniumは依然として普通のモデルとと同じに、流行する腕時計の造型のもとにきわめてすばらしいスポーツを持って機能を監視測定して、ユーザーの行っているスポーツのタイプを識別することができて、たとえば歩行、ランニング、で自転車あるいはその他に乗って運動するかどうか、もっと良い監視測定のスポーツのデータで、1カロリーの消耗などを計算するのと外殻温度、心拍を含みます。

現在のところ、Titanium Pekの消費者を買って黒色Onyx Sportventシリカゲルの腕時計のバンドあるいはダークブラウンの皮革の材質の腕時計のバンドを選ぶことができます。その外、消費者は基本的な配置の基礎の上で超過また(まだ)黒色、グレー、カーキ色、明るいピンクとライトブラウンなどを含める5モデルの皮革の腕時計のバンドを買うことができて、普通のPeakあるいは新作Titanium Peakによく合ってすべて、すべての腕時計のバンドの売価は50ドルの(約人民元の310元)です。

取り上げる価値があったのは、限定版Titanium Peak以外、Basisはまた(まだ)宣言して普通のPeakのソフトウェアのアップグレードする情報を発表するでしょう。聞くところによると、アップグレードの後Peakは組み合わせてセットにしたのAppを通じて(通って)個人のデータとApple HealthとGoogle Fitなどのフィットネス設備をシンクロナイズすることができます。それ以外に、“ストップ・ウオッチ機能”も新しい設計を迎えるでしょう、過程で使ってみた感じ更に手っ取り早いを運動しています。