暦峰グループの全額出資買い付けるRogerDubuis

暦峰グループの全額出資買い付けるRogerDubuis
全世界の第2大贅沢品グループ――暦峰グループはいままでずっと硬い贅沢な業務を主なにするのです。そのため、あくまで贅沢な真珠や宝石と腕時計を主力攻撃するのはずっとグループの主要な業務の中の一つです。振興してため2015第4四半期に真珠や宝石などの硬くて贅沢な持ってきたのが強烈に揺り動かす、最近暦峰グループはスイスのハイエンドの腕時計のメーカーRogerDubuisを買い付けて40%の株権が残っています。

以前2007年にあって、暦峰グループは当時9月にRogerDubuisとCarlosDiasから1995年に共同で創設するManufactureRogerDubuisの部品の制造業を買い付けました。あった1年後に、グループは後者60%の株権を買い付けるのを宣言します。近頃に至って、暦峰グループはすでに全額出資がRogerDubuisの株権を持ったと表します。聞くところによると、残っている40%の株権は元来腕時計のブランドHysek最高経営責任者の手で握っています。

アナリストは思って、Bain会社の先週発表した中国の贅沢品の市場の研究報告を結び付けて知ることができて、2015年に中国内陸の贅沢品の市場の規模はすでに連続2年目下がって、その中、プレゼントに最適なものの腕時計の市場の規模は更に連続3年目なえて、2013年から、下落幅が別れるのは11%、13%と10%です。そのため、めでたい時計の業界はヨーロッパで一部は依然として安定した成長を記録したけれども、しかし全世界の新興の市場経済を結び付けて揺れ動いていておよび2016年来るストーリに入って激しく揺るがして、めでたい時計の業界の将来性は短期光明を会いにくいです。甚だしきに至ってはバセロン・コンスタンチンの最高経営責任者は未来18ヶ月がめでたい時計の業界のきわめて苦難に満ちている18ヶ月だと予想します。

このような背景の下で、アナリストは能力の薄弱な中小型の腕時計が桑を製造して次から次へと例えば暦峰グループ、スウォッチグループとLVMHグループなどを投じてこれらが持っているでしょう安定の発展の熟している軌道の大グループの中でかばいを求めると予想します。