【SONY(ソニー)】「MDR-NC300D」高精度ノイズキャンセリングヘッドホンにインナーイヤータイプが登場

  ソニーは、インナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC300D』を、2009年6月21日(日)より発売開始する。  今回発売の『MDR-NC300D』では、ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング技術と高音質オーディオ処理技術が結集。コンパクトなインナーイヤータイプながら、周囲の騒音を約98.4%低減する※1ことができるという、デジタル処理ならではの高精度なノイズキャンセリング性能が内蔵されている。  卓越したノイズキャンセリング性能のひとつとして注目したいのが、「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」。これは、ヘッドホンが周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中から使用環境に適したモードを自動で選択するというもの。わざわざ周囲の変化に合わせて自らボタンを押す必要がなく、常に最適な音質を楽しむことができるうれしい機能だ。  また、音質劣化を最小に抑え、原音を忠実に再生するソニー独自のフルデジタルアンプ“S-Master”が採用されたほか、再生音に対するノイズキャンセリング機能の影響(低音域のブースト)を抑えたイコライジングで、臨場感のある高音質再生を実現。  イヤーピースは、優れた装着性とクリアな音のために、シリコンの硬さを使い分け、耳の大きさ・形状にあわせて7種類が用意されている。  なお、希望小売価格は30,975円(税込み)。   ソニーは、インナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC300D』を、2009年6月21日(日)より発売開始する。  今回発売の『MDR-NC300D』では、ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング技術と高音質オーディオ処理技術が結集。コンパクトなインナーイヤータイプながら、周囲の騒音を約98.4%低減する※1ことができるという、デジタル処理ならではの高精度なノイズキャンセリング性能が内蔵されている。  卓越したノイズキャンセリング性能のひとつとして注目したいのが、「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」。これは、ヘッドホンが周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中から使用環境に適したモードを自動で選択するというもの。わざわざ周囲の変化に合わせて自らボタンを押す必要がなく、常に最適な音質を楽しむことができるうれしい機能だ。  また、音質劣化を最小に抑え、原音を忠実に再生するソニー独自のフルデジタルアンプ“S-Master”が採用されたほか、再生音に対するノイズキャンセリング機能の影響(低音域のブースト)を抑えたイコライジングで、臨場感のある高音質再生を実現。  イヤーピースは、優れた装着性とクリアな音のために、シリコンの硬さを使い分け、耳の大きさ・形状にあわせて7種類が用意されている。  なお、希望小売価格は30,975円(税込み)。