カルティエの腕時計の鍵のシリーズのえこひいきのバラの金の腕時計

カルティエの腕時計の鍵のシリーズのえこひいきのバラの金の腕時計

機械の時計算する非常に不思議な設計と時間単位の計算機能に話が及んで、私は皆さんの小さいパートナ達はすべて1,2列挙することができたいです。腕時計のデザイナー達はこの腕時計の主要な機能の上で少なく精を出さないで、これらの腕時計にすべて観賞性と独特な魅力を高く備えさせて、すぐの手本のになって行います。カルティエの腕時計は正にこの“予想外だ”の効果の傑出している手本を求めるで、時ごとに計算するのはすべて1つの大(文)字の“薩普とライス”で、腕時計の家の編集の今日の紹介のこの神秘的な時間機能のバラの金の腕時計のように、みんなの当てることができるのが出る中に空いていて透明なポインター皿はどのようにチップをつないで幸運なのですか?先にもったいをつけて、見下ろして解答を知っていました。(腕時計の型番:WHCL0002)

意外な喜びの“えこひいきする”の皿を満たします

腕時計の輝点は展示します

この時計の文字盤に話が及んで、私はどうしてもカルティエの表を作成する職人の巧みで完璧な技術と素晴らしい想像力と創造力に感心しなければなりません。腕時計の幸運な秘密は針と関係なくて、時計の文字盤の中でのサファイアのガラスの上であって、見たところ普通のガラス実はの内に乾坤があります。私達の以前の伝統の観点からすると、ポインターのスポーツは時間を指示することができて、この時計算して、ちょうど相反します。腕時計の剣の形のロジウムメッキの精密な鋼のポインターは死んでもガラス上ので埋め込みするので、回すことはでき(ありえ)なくて、かえってポインターの下の2層のガラスがポインターの回転を動かして時間を指示するので、サファイアのガラスへりは接続のチップの装置があって、幸運なために動力を提供します。上述の説明を経て、あなたはこの時計算するのがどうな“ひそかに悪事を働くか”になったが分かりましょうか?

“えこひいき”と透かし彫りの設計はあなた更に心を引かれます

腕時計はえこひいきする頃に表示盤は展示します

“えこひいき”の設計はきっとみんながすべてできないのがそんなによく知らないで、伝統の盤面設計の腕時計と異なります。それは永遠に人に乗りかかった船1筋の非常に不思議で、独特な魅力があって、人の感情の中で、恋人の間はよくえこひいきの相手に向って、双方に対して愛慕するイタリアを表現しに来ます。実はえこひいきする腕時計の魅力もこれらの現象と違うやり方で同じ効果をあげていて、伝統の中心の位置を突破して、人驚きと感じて、甚だしきに至っては一目ぼれです。そして腕時計の設計は絶えないでとこの、また(まだ)時計の文字盤上銀めっきで空欄の柵装置を彫刻して、太陽の紋様を持って効果を放射して、ハーフバックの青い優雅なローマ数字を設計する時スタンダードルームと一部のチップが漏れて、腕時計のを加えて度と美感を観賞して、時計者を見るに機械的な腕時計の独特な魅力が現れます。