“1858”が意味するもの、モンブランを支えるもう一つのDNA

“1858”が意味するもの、モンブランを支えるもう一つのDNA
「モンブラン」というブランド名を聞いて、皆さんの頭の中には何が思い浮かぶだろうか?万年筆、革小物、バッグ、財布…、もしその中に「時計」というものが浮かんでこなかったとしても、共通して言えることがある、と筆者は考える。それは「一切の妥協を許さない、クラフツマンとしての矜持」だ。

「妥協を許さない」という点について補足すると、「すべてのものを自社内で完結する」、ということだけでなく、「理想を実現するためには柔軟な対応も辞さず」という意味も含めたい。

モンブランの時計製造のバックボーンには、DNAの二重螺旋構造のように、欠かすことのできないエッセンスがある。その名をミネルバ、という。生誕160年の節目となるミネルバの足跡をたどることで、モンブランの時計に流れる「クラフツマンの矜持」を覗い知ることができるだろう。

1858 年、サンティミエール(Saint-Imier)峡谷のヴィルレで産声を上げたミネルバは、1880年代の早い時期に、既に精確極まりない計時装置の作り手としての評価を不動のものにしていた。リューズ(差し込みキー)を使わずに巻上げが出来る画期的なゴールドのポケットウォッチもこの時期に発表されたものだ。

次いで1909年、ミネルバはクロノグラフの開発を開始し、精確なクロノメーターの認知度を高め、プロユースの時計やストップウォッチの製作の自他共に認めるエキスパートとなった。それが、ミネルバが特許取得済みのV字型クロノグラフブリッジを特徴とする象徴的なキャリバー19.09(19番台/ 1909年発売)などのクロノグラフ機能を備えたムーブメントだ。

そしてミネルバは、1911年の早い時期に1/5秒を計時できるストップウォッチを開発し、その後、すぐに1/10秒計時にまで発展させる。妥協を許さない飽くなき精神に基づき、5年後の1916年にはさらに10倍の精密さを誇る1/100秒を測定できるバイビートムーブメントを作り出した最初のメーカーのひとつと数えられるまでになった。

特に1920年代、ミネルバは、史上初の手巻きモノプッシャー・クロノグラフキャリバー13.20(13番台/ 1920年発売)で、その歴史の新たなページを刻みこんだ。小さなサイズの腕時計用に開発されたもので、アイコニックなV字型ブリッジ、コラムホイール、水平カップリング、18,000 A / hの振動数、という当時としてはまさに革新的なスペックを誇っていた。

それは1936年にさらに改良され、プロ仕様の時計とストップウォッチのスペシャリストとしての地位を不動のものとしたのだ。今年、モンブランが発表した新作は、ミネルバが築き上げてきた160年の資産を継承し、3つのユニークなコレクションに活かしたものとなっている。

といっても過言ではないリシャール・ミルの新作

といっても過言ではないリシャール・ミルの新作
「腕時計」というと、超複雑機構がいくつも載った機械式腕時計から、スマートウォッチやカジュアルウォッチにいたるまで、様々な形状を思い浮かべるのではないだろうか?その中で、あえて、強引かもしれないが共通点をあげるとしたら、ひとつには、「壊れやすい」という要素、というか、イメージではないだろうか。

実際に、全てがゼンマイで動く機械式腕時計でも、電池で動くクオーツでも、オーバーホールや定期的なメンテナンスが欠かせない。メンテナンスにだす理由やタイミングは様々だが、それだけ直径わずか数センチの中には信じられないほど精緻で繊細なパーツで構成されていることを鑑みればそれも道理であろう。

そんな腕時計の「暗黙の了解」に敢然と立ち向かい、予想だにしなかったモデルを開発、発表したのがリシャール・ミルの新作「RM-53 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ」だ。

モデル名にもなっている パブロ・マクドナウという人物、世界最古ともいわれるスポーツ、「ポロ」の競技の世界では「生ける伝説」といっても過言ではないほどの有名な選手なのだ。

今でこそ「ポロ」は4:4でチームを組み、乗馬をしながらマレットと呼ばれる木槌状のスティックで、ホッケーのようにボールを運び、相手ゴールにシュートを決めると得点となる、というゲームとなっている。しかし、大元は紀元前6世紀のペルシア(現在のイラン)で生まれ、ゲームというよりは騎馬隊の軍事訓練として主に東方のインド、中国、日本へと伝播していったようだ。

現在のルールは19世紀にはいって英国がインドを植民地化した際に「再発見」され、本国に持ち帰って洗練させ、大英帝国の植民地を中心に再伝播していったもので、特に南米のアルゼンチンでは非常に盛んな競技であり、ポロのスタープレイヤーは、ハリウッドの映画俳優やサッカーのスーパースターと同じような畏敬の念と財産を集めるのだそうだ。

そんな背景のある「ポロ競技」のあたりの激しさは推して知るべし、であろう。マレットを振り回し、馬をコントロールしながら、ゴルフボール程度の大きさのボールを奪い合うのだ。ボディコンタクトやミスショットによる殴打、落馬等、想像しただけでも時計どころか体が壊れてしまうのでは…、と身震いしてしまう。

そのポロ競技のスター選手に、「競技中でも安心して満足してもらうための時計を作ろう」、と無謀しか思えない発想を、具現化してしまうところに、リシャール・ミルというブランドの「異次元性」を象徴しているのではないだろうか。

腕時計LOGOの本当に意味

腕時計LOGOの本当に意味
あなたが消費者時、1件の商品を取ってことがありがあってか、そのLOGO文字と図案に対して濃厚な興味が発生しますか?実は、腕時計の世界は比較的理知があって、本当に時計の消費者が多くそれらのストーリを聞きを願いをわかる以外のようで、大きい多くの人はただついでに見てみてあるいは価値を保持するために購入します。

実は、腕時計のブランドLOGOと図案もたいへん聞くことができるストーリがあって、もちろんいかなる1つのブランドとと同じに、大多数はブランドの名前を表面の上で刻んで、しかしいくつかが個性的な図案の腕時計LOGOを持ちがまだあって、背後のストーリは更に人に一体探りたいですと。小さく編んであなたになって腕時計LOGO背後のストーリを持ってきて、普通な消費者にも同様に表に、時計を知っているのを与えることができます。

大多数はブランドの創始者の組合せです

もしもあなたは腕時計を取って調べて、事実上時計の文字盤が腕時計の英文の名称+LOGOのデザインを彫り刻むのがたくさんなことを発見して、何に何を表示させて、これは最も直接な表現方式です。この2つの字母、通常は腕時計のは人名を創始します。しかし、1つのおもしろい現象は、ほとんどすべてのは2つの英文の単語を腕時計の名称のブランドにして、すべて2人の創始者から創建するので、後それぞれ彼らの名字を取って今のところ有名な腕時計のブランドの名称を構成します。

相手が表しが好きです

Audemars Piguet

相手のブランドの前身が好きだのは1875年の創立する2社の時計工場で、1881ブランドが創立するに日から光り輝く発展を始めました。その英文マークはAudemarsPiguetで、2人の創始者Jules―LouisAudemarsとEdward―AugustePiguetの2人の名字からとってブランド政府の名称になります。

時計の文字盤の上の振る舞いは2人の名字の1つ目の字母が大(文)字のの“AP”を組み合わせるので、次に腕時計のブランドの名称です。この創始者はブランドのが初期を創設してから心酔して表を作成する芸術、ブランドのために壇を表していてきわめて高い地位を確立しました。シンボル的なのがモデルを表してたいへん備える性を知っているのを弁別します。

ジラール・ぺルゴは表します

Girard Perregaux

ジラール・ぺルゴが表すのは実はそれがこの名前がある前で創立したのです。1791年、表を作成する大家JeanFrancoisBautteはジュネーブで自分の時計工場を創立して、そしてすべての表を作成する工程を集中しそれによって管理してつなぎます。1854年表の工場の天才のあふれた表を作成する師ConstantGirardとMariePerregaux2人の夫妻に着いて接収管理して、2人は自分の名字を結び付けて、そして1856年に正式にGirard―Perregauxジラール・ぺルゴの時計工場を創立します。

ジラール・ぺルゴの腕時計の全く新しいLarreato三橋陀はずみ車の腕時計

だからジラール・ぺルゴの時計の文字盤と相手が違うやり方で同じ効果をあげているのが好きなの、主なLOGOは同様に2人の創始者の名字の第一字母の組合せで、次に腕時計の名称に従って、フォントがまろやかで潤いがあります。220数年は来て、ブランドは多くの技があって4基の創造性の腕時計を驚かして、受賞するのが無数で、同様に腕時計の中の逸品です。

あなたはこのようにハーフバックの設計が事実上1889年に誕生するのを想像することができますか?当時那枚3金橋陀はずみ車の懐中時計は一挙に金メダル賞を取って、だから3金橋陀はずみ車もGPジラール・ぺルゴの表すシンボルになります。

彼とEdmondJaegerのパートナー関係は次第に発展して互いを評価する友情になって、2人はいっしょに時計の史の上に最も巧みで完璧な超薄のシリーズの中の一つを製造しだして、2人の協力で隔たり(途切れ)がない関係もジャガー・ルクルトのブランド(Jaeger―LeCoultre)の誕生に助力しました。だから腕時計の上の主なLOGOはあなたは見たのがJとLの“体のオールインワンに変わる”であることができるなようで、次に英文Jaeger―LeCoultreです。

英皇の時計の2017年度の損失は46.02%減らします

英皇の時計の2017年度の損失は46.02%減らします
英皇の時計の真珠や宝石(00887)は公表して、2016年まで12月13日まで年度、会社は収入の約36.42億香港ドルを実現して、同時期と比べて17.81%減らします;粗利益の約9.09億香港ドル、同時期と比べて17.82%減らします。

それ以外に、会社は人を持って損失の約6482.1万香港ドルを占めるべきで、同時期と比べて46.02%減らします;損失ごとに0.9港の仙人で、末期やめるのを派遣しません。

2016年の下半期に時計の消費意欲はゆっくりと蘇る兆しがあったけれども、時計支部の収入は依然としてどうしても19.3%~28.57億香港ドル減らします。しかし、時計支部は依然として主要な収入源で、グループの収入の78.4%を占めます。真珠や宝石支部の収入は11.8%~7.85億香港ドル減らします。

グループの総収入の76.8%は香港市場から来て、販売の情況がだんだん改善して続けて借り賃出費を省くため、2016年の下半期に業績は満ちるため損失を回転します。