【SONY(ソニー)】「MDR-NC300D」高精度ノイズキャンセリングヘッドホンにインナーイヤータイプが登場

  ソニーは、インナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC300D』を、2009年6月21日(日)より発売開始する。  今回発売の『MDR-NC300D』では、ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング技術と高音質オーディオ処理技術が結集。コンパクトなインナーイヤータイプながら、周囲の騒音を約98.4%低減する※1ことができるという、デジタル処理ならではの高精度なノイズキャンセリング性能が内蔵されている。  卓越したノイズキャンセリング性能のひとつとして注目したいのが、「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」。これは、ヘッドホンが周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中から使用環境に適したモードを自動で選択するというもの。わざわざ周囲の変化に合わせて自らボタンを押す必要がなく、常に最適な音質を楽しむことができるうれしい機能だ。  また、音質劣化を最小に抑え、原音を忠実に再生するソニー独自のフルデジタルアンプ“S-Master”が採用されたほか、再生音に対するノイズキャンセリング機能の影響(低音域のブースト)を抑えたイコライジングで、臨場感のある高音質再生を実現。  イヤーピースは、優れた装着性とクリアな音のために、シリコンの硬さを使い分け、耳の大きさ・形状にあわせて7種類が用意されている。  なお、希望小売価格は30,975円(税込み)。   ソニーは、インナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC300D』を、2009年6月21日(日)より発売開始する。  今回発売の『MDR-NC300D』では、ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング技術と高音質オーディオ処理技術が結集。コンパクトなインナーイヤータイプながら、周囲の騒音を約98.4%低減する※1ことができるという、デジタル処理ならではの高精度なノイズキャンセリング性能が内蔵されている。  卓越したノイズキャンセリング性能のひとつとして注目したいのが、「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」。これは、ヘッドホンが周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中から使用環境に適したモードを自動で選択するというもの。わざわざ周囲の変化に合わせて自らボタンを押す必要がなく、常に最適な音質を楽しむことができるうれしい機能だ。  また、音質劣化を最小に抑え、原音を忠実に再生するソニー独自のフルデジタルアンプ“S-Master”が採用されたほか、再生音に対するノイズキャンセリング機能の影響(低音域のブースト)を抑えたイコライジングで、臨場感のある高音質再生を実現。  イヤーピースは、優れた装着性とクリアな音のために、シリコンの硬さを使い分け、耳の大きさ・形状にあわせて7種類が用意されている。  なお、希望小売価格は30,975円(税込み)。 

【diptyque(ディプティック)】「コロン コレクション」

  パリに創業し、常に上品で飽きのこない香りで、世界中の本物志向の人々に愛されるフレグランスを生み出してきた世界屈指のフレグランスブランド、ディプティック。  同ブランドの「コロン コレクション」から発売された3種類の香りがこのたび、フレグランス業界の“オスカー賞”と称される「2009年フランスFIFI賞」の2部門においてグランプリに輝いた。  厳選された原料と、それらの独自の絶妙な調合により作り出された3種類の香りは、それぞれシンプルながらも、つけた人にさわやかさと透明感あふれる印象を与えてくれる。  「ロー ドゥ ロー(L’Eau de L’Eau)」は、感性をかき立てるスパイシーなさわやかさのある香り。「ロー ドゥ ネロリ(L’Eau de Neroli)」はゼスト(オレンジの皮)と花々の豊かで官能的な香りで、イタリア南部の果樹の木陰でのゆったりとした午睡から着想されたもの。「ロー デ エスペリード(L’Eau des Hesperides)」は、木々のみずみずしさを感じさせる素朴な香りの中に、わずかにいたずら心をプラスした茶目っ気のある香りとなっている。  いまやコロンは身だしなみのひとつ。多くの賞賛を集めた香りは、ぜひチェックしておきたい。  さらに、この「コロン コレクション」には、今年5月にフルーティな柑橘系の新作「ロー ド タロッコ(L’Eau de Tarocco)」が加わっており、こちらも要注目。価格は各15,750円(税込み)となっている。   パリに創業し、常に上品で飽きのこない香りで、世界中の本物志向の人々に愛されるフレグランスを生み出してきた世界屈指のフレグランスブランド、ディプティック。  同ブランドの「コロン コレクション」から発売された3種類の香りがこのたび、フレグランス業界の“オスカー賞”と称される「2009年フランスFIFI賞」の2部門においてグランプリに輝いた。  厳選された原料と、それらの独自の絶妙な調合により作り出された3種類の香りは、それぞれシンプルながらも、つけた人にさわやかさと透明感あふれる印象を与えてくれる。  「ロー ドゥ ロー(L’Eau de L’Eau)」は、感性をかき立てるスパイシーなさわやかさのある香り。「ロー ドゥ ネロリ(L’Eau de Neroli)」はゼスト(オレンジの皮)と花々の豊かで官能的な香りで、イタリア南部の果樹の木陰でのゆったりとした午睡から着想されたもの。「ロー デ エスペリード(L’Eau des Hesperides)」は、木々のみずみずしさを感じさせる素朴な香りの中に、わずかにいたずら心をプラスした茶目っ気のある香りとなっている。  いまやコロンは身だしなみのひとつ。多くの賞賛を集めた香りは、ぜひチェックしておきたい。  さらに、この「コロン コレクション」には、今年5月にフルーティな柑橘系の新作「ロー ド タロッコ(L’Eau de Tarocco)」が加わっており、こちらも要注目。価格は各15,750円(税込み)となっている。